WELLCOM MINIMUM THEATER

ドリル饅頭の『理念』

「何もしない馬鹿者になるより、

 必死で何かに打ち込む馬鹿者になりたい」

ドリル饅頭主宰  中西広和(ナカニシヒロカズ)

 

ごあいさつ

 

ようこそ!

ドリル饅頭のホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。

主宰の中西広和です。

 

ごあいさつに先立ちまして、まずは自己紹介から。

 

・2000年に脱サラしナイロン100℃の劇団員募集オーディションを受験。


・2001年、青山円形劇場プロデュース舞台「室温〜夜の音楽〜」の出演で初めて舞台に立つ。

・その後、ナイロン100℃、温泉きのこの劇団員を経て、現在まで主に舞台を中心に活動している。

・2017年に自身の演劇ユニット「ドリル饅頭」を立ち上げ、役者の他にも脚本執筆、演出等も手掛ける。

 

長たらしく過去のことを書くのがあまり好きではないので、ネット検索が当たり前の時代ですので、もし、もっと詳しく知りたい方は『中西 広和』で検索、お調べ頂きますと更に詳しく出てまいります。

 

ここでは検索しても出てこない新しい情報を以って、新たなご挨拶とさせて頂ければと思っております。

 

さて!!

 

ドリル饅頭とは一体、なんぞやと思われるかもしれません。ドリル饅頭は、わたくし個人の演劇ユニットです。何を血迷ったか30歳で全てを投げ捨て脱サラ、役者として表現の世界に飛び込んだ私ですが、ここにきて、役者、脚本、演出、小道具製作その他、今まで自分が積み上げてきた経験や人脈をフルに生かし、演劇に関するあれこれを、クオリティーはさて置き、自分の身の丈でやりたいことを、どんどんやってみよう、という意気込みで立ち上げました。立ち上げた、なんて申し上げますと、ちょっと格好良すぎてしまいますので『自分の中で宣言してみた』というのが正確なところです。自分の中で宣言しただけですので、現状、周囲への認知度は、間違いなく低いです!陽の光が全く入らない部屋で、独り言として始めてしまったわけですから、そりゃあ周りの人間は知る由もないわけで、今は知り合いに口コミのみで少しずつ認知度を広げている次第です。

 

ただ、私も残りの人生を数えた方が若干、早いようなお歳頃になって参りましたので、口コミだけで悠長に進めている訳にもいかず、SNS全盛時代にあっては、そこも活用しながら日々奮闘している次第でございます。認知度はこれから上げていくとして、それよりも大事なことはその内容です。何がしたくて、どんなことをするにか。それについてもう少々。

 

私は表現の場において(役者、脚本、演出どんなケースでも)何事にも『真面目』がモットーでございますので、周囲からよく「真面目すぎる」とよく言われます。表現者にとって周囲からの評価が『真面目』という評価は安易に喜ばしい訳ではございません。表現者とって真面目という評価が良いのか、悪いのか、それは私には分かりませんが、少なくとも伝統的な気質、いわゆる「古いタイプの日本人」に性質が近いと言うことだけは確かなようです。「毎日、少しずつコツコツと」「誰の目にもとまらない部分にこそこだわる」「最後まであきらめない」いかにも「わかりやすい精神論」が大好きそうな感じです。

 

そして非常に残念なことに、私はそう言う現代社会において受け入れてもらえないような「逆張り」人間です。しかし、私はそれでいいと思っております。むしろそういったことが、時として武器になると考えております。正直、そんなの今風でないことぐらい自覚済みです。ただ、もうこの性格は直りませんし、こうなったらグローバルな日常の現代において、逆に極めてみようと決意した次第です。

 

「高速化」「効率化」「合理化」「国際化」等々、現代において求められる色々は申し訳ありません、その時々の時代の流れ全てにおいてドリル饅頭は『真逆』を貫きます!!

 

時代遅れと言われてしまえばそれまでですが、現代の流行り廃り、情勢などを知るアンテナは常に張っております。現代はアンテナをわざわざ外に持ち出さなくても自分の部屋の中で情報が簡単に入手できる非常に便利な時代です。入手したそれらを一個一個丁寧に「わたし」と言うフィルターを通し、面白いものが作れていければ良いなぁと考えております。

 

Sunset (2015/10)

 

2015年10月19日

 

「・・・やってみようかな」

 

44歳の誕生日。特別なことなど何もない、いつもと変わらない日常を送っていた私。しかし、ふと、そんな事を思いつく。

 

リスクマネージメントは顧みず。

 

一人勝手なノリで始動してしまった10月。

Railroad (2015/12) 

小劇場界で活躍する劇団の多くは常に金銭的、人的な不足に見舞われております。劇団や個人ユニットなど生まれては消え、生まれては消えの連続です。小劇場界は淘汰の激しい凄くデリケートな世界でございます。そのデリケートさは、まるでお饅頭のようです。

そんなお饅頭にドリルで大きな穴を開けてしまったらどうなるのか?

 

淘汰は止まるのか?

僕は生き残れるのか?

 

やってやる。

 

とても小さな野心に震え立った12月。

One Way (1st.Stge) 2016/10

2016.10.19~23

下北沢シアター711にて旗揚げ本公演が決定!

 

やってしまいました。

もう後戻りはできません・・・。

One Way (2nd.Stage)  2017/12

2017.12.13~17

下北沢シアター711にて2回目の本公演が決定!

 

またもや、やってしまいました。

更に後戻りはできません・・・。

One Way (3rd.Stage)  2019/4 . . .

2019.4~

舞台にとどまらず、表現の場をネットの世界へ

「YouTube」にてWebドラマ配信が決定!

 ついに映像に手を出しちゃいました

 

いよいよ進むことしか出来きません・・・。